海外旅行時に、おトクに現地通貨を入手しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Sponsored Link


exchange
 海外に行く際には出来るだけ高いレートで現地通貨を手に入れたいものです。
空港での両替はレートが悪く出来れば利用を避けたいもの。 

 
僕自身、未だ海外に行き慣れない頃は出発する空港内の両替所で日本円から替えていました。
ですが、ここ最近ではもっぱら現地でのキャッシングサービスを利用しています。

愛用は年会費無料の「楽天カード」

「上海事変」の時にお話をしましたが、海外旅行時に使用するカードは「楽天カード」と決めています。
年会費無料、VISA/MASTERが選べ、もちろん楽天市場での買い物にも使えます。

また意外におトクなのは、海外でのショッピングやキャッシングに関して「楽天ポイント1.5倍」などの特典が付くキャンペーン(申込制、楽天e-naviから手続き要)が用意されている事です。
ほぼ毎月実施されているので、一度確認されてはいかがでしょうか。
 
 

キャッシングが一番良いとは限らない

新興国を中心に、スキミングをされたり偽札を掴まされるなどの一定のリスクは有りますが、ATMを利用する場所に一定の配慮をする程度で、実は余り気にしていません。
 
ただしタイの様に国によってはキャッシングサービスを利用する際の「手数料」なるものがバカ高いところも存在します。
こう言う国では現地で極力レートの良い場所を探して両替をするのが良いでしょう。
 

例:人民元での両替とキャッシングのレートの違い

今回は良く利用する中国の深圳、蛇口港でのキャッシングポイントをご紹介します。
ピンポイント過ぎる!とのご批判は受け付けません。笑
 
蛇口に着くと預け荷物が有る場合にはフェリーから荷物が下されるのを待つ必要が有ります。
預け荷物が無い場合には、イミグレに進みましょう。

手荷物検査を通過すると、出口が見えますがここを出ないで建物内を左方向、フェリー搭乗者が待っている辺りへと進んで下さい。
HMBCのATMが見えます。
exchange_shenzhen_shekou
ここでいつも当座必要な中国元をキャッシングしています。
日本国内の両替所で日本円から両替するよりもレートは良いです。(1元当たり1円~1.5円程度おトク)
また、帰国後すぐにカード会社に電話を掛けて前倒返済の意志を伝え手続きをすれば金利も掛かりません。
返済手続きの際にはネットバンキングの利用が便利です。
 

注意!帰国後は忘れずに繰り上げ返済をしよう!!

せっかく有利なレートで現地通貨を入手出来ても余計な金利を払っていては何の意味も有りません。
帰国後は、即時に前倒し返済の手続きを済ませましょうね。

また、カードによってはデフォルトがリボルビング払いに設定されている(楽天カードがそうです)ものも有りますので、先ずはこの設定を変えた上で、余計な金利負担を避ける為にも必ず繰り上げ返済をしましょう。
Sponsored Link
この記事を気に入っていただけたら各種SNSでシェアをお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

-更新情報はこちらに登録していただけると受け取れます-



follow us in feedly



Sponsored Link

年会費無料、海外旅行用にもおすすめ

コメントを残す

*