タイでのiPhone6Plus盗難、保険手続き&結果報告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Sponsored Link


nana plaza
 ナナプラザがあるバンコク、スクンビット・ソイ4で、「LBツインズ」に機種変したばかりのiPhone6Plus をスラれ、途方に暮れたお話しをポッドキャストで以前にしました。

 
毎週日曜日更新 ポッドキャスト 義士庵プレゼンツ  スタジオスモーキー  http://studiosmoky.seesaa.net/

JALカードに付帯、「盗難保険」の存在を思い出した!

カオマンガイ

差し当たりホテルのPCを借りて、iPhoneからアクセスしていた各種サイトのID&パスワードを全て変更、キャリア(=ソフトバンク)へ連絡して(my softbank)から即使用停止の措置を講じて最低限の事は済ませたわけです。
 
しかしながら、やはり機種変したばかりのiPhoneの高額な残債のみを払い続けるのはバカバカしい。
何か手はないものか?と思案したところ、愛用のJALカードに旅行時の盗難保険が付いていた事を思い出しました。
JALのwebサイトから保険関連のコンテンツを探し連絡先を見つけ、部屋付きの電話から国際電話を掛けてみます。
 

保険の申請手続きに必要なモノ一覧

担当者へ一通りの説明を終えると、先方から盗難保険申請に必要なもののリストを告げられました。
列挙すると、
 
  1. 警察での調書 ->「盗難にあった」と言う証明書として
  2. 上記が困難な場合には、盗難にあったことを証明できる証人のサイン、もしくはそれに代わるもの
  3. キャリアに連絡した使用停止証明 ->キャリアに連絡すると送付してくれる
  4. 盗難に有った機種を購入した際に交わした、契約内容が分かる書類 ->契約日時や契約金額や残債の支払方法が分かるもの
  5. 盗難に有った為に必要になる、新たに購入する機種の契約内容が分かる書類(同上の内容が分かるもの)
 
となります。
 

ありがとう、ソイ4で出会った親切なおばちゃん!

IMG_0319

podcastでお話しした通り、ナナプラザがあるスクンビット・ソイ4で出会った親切なおばちゃんのおかげで「1」の警察での調書が無事入手出来ました。
コピーはこちらです。(クリックすると拡大します)
調書
もし、おばちゃんと出会っていなかったらこんなに上手くいったかどうかは自信ありません。
 

「ツーリストポリス」の存在を覚えておこう!

イムチャン

現地タイの事情に詳しい、2014年のパタヤツアーにご一緒頂いた「ろきしーさん」によると、バンコクには「ツーリストポリス」と言う旅行者がトラブルにあった際に手助けしてくれる組織があるそうです。

参考:bkkzoom.com様より
<タイ国観光警察(ツーリストポリス)>
1155(外国人用)
0-2668-7173(日本語対応)
詳細webページはこちら
実は、iPhoneをスラれた翌日、現地在住のミッチーさんにも同様のお勧めを頂き「ツーリストポリス」への連絡を試みたのですが、何故か電話が繋がらずに諦めた事実が有ります。
 
しかしながら、今回の僕のように親切な現地の人がたまたまそこに居合わせて更に助けてくれるなんて奇跡に近い訳で、セオリーで言えば、やはりこの「ツーリストポリス」に先ずはお世話になるのが良いと言えるでしょう。
 

スマホを無くした時に、意外と面倒になる事

また今回書類を揃えるのに当たって意外と困ったのは、盗難に有った機種を契約した際に交わした書類を用意する事でした。

ご存じの方も多いと思いますが、少なくともソフトバンクは「ペーパレス」のお題目の元に契約時においてこちらから要求しない限り書面を発行せず、こちら側の承認行為は全てタブレット上へのサイン他で済ませてしまいます。
 
今回、改めて当時の契約時の書類が必要になったので、キャリアに要求をしてみましたが無理だとの事。

仕方が無いので次善の策として、「my softbank」に残っている契約書のPDFデータを出力して、それを契約証明としました。
もちろん、「5」に該当する書類は、キャリアにお願いして契約時に発行して貰ったので問題は有りません。
 
ちなみに、「3」は、キャリアに連絡してから約1週間程度で郵送されて来ます。
 

素早い保険会社の対応に感動!

そしてこれら一式を揃え、保険会社に送付したのが6月11日。
保険金が振り込まれたのは6月22日ですから10日ほどで入金までの全ての手続きが完了した訳です。

保険会社に電話した際には、送られた書類に何か不備が有った場合には連絡をする、更には、保険金の減額になる、と言う事を言われていたので少々心配したのですが、それも有りませんでした。
従って、少なくとも送付した書類、またはその揃え方で問題が無かったものと判断しています。
 

あくまでも、冷静に対処しよう!

楽しい旅行の最中に盗難にあうと言うのはやはり気分が悪いもの。

しかし、万が一そんな目に有った時にでも冷静に処理をして行けばその被害は最小限に抑えられるし、何よりもせっかくの旅行を引き続き楽しむ事が出来ると思います。
今回僕が盗難に有ったのはスマホでしたが、もし皆さんがお持ちの別のモノを盗難に有った場合に多少なりとも参考になるのであれば幸いに思います。
 

Sponsored Link

 

Sponsored Link
この記事を気に入っていただけたら各種SNSでシェアをお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

-更新情報はこちらに登録していただけると受け取れます-



follow us in feedly



Sponsored Link

年会費無料、海外旅行用にもおすすめ

コメントを残す

*