2015年訪問・Ashの失敗しないキューバ旅行『実践編』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Sponsored Link


cuba5s

さてここからは「実践編」として書いていきます。
前回と今回のブログをキューバに行く前の「まとめサイト」ような感じにしたかったのですが、グルメ、観光名所、移動手段についてはネット上の情報も多くありますので、こちらは割愛しておススメの過ごし方について書いてみたいと思います。

熱中症に注意

とにかく暑いです。

朝の9時から夕方の19時までずっと太陽が真上にあるような感じの暑さでカラっともしていません。
いったんCASA(ホテル)を出ると、外出先でエアコンにあたれることは稀で、休めるところはエアコンの無いオープンカフェ(レストラン)ばかりです。
欲張って色々見て回ろうとするとかんたんに熱中症になりそうです。

町中で見かける三輪の自転車タクシーは安いので数百m程度の移動でもバンバン使ったほうがいいと思います。
交通手段をケチらないほうが結果的に体力の温存が出来、いろいろと見れて時間も有意義に使えます。

ネット、携帯事情※現時点(7月21日のアメリカとの国交正常化よりも以前)

「ETECSA」という国営通信会社が観光客向けに有料wifiのサービスを提供しており、特定のホテルにこのアクセスポイントがあるような感じです。
ハバナ市内でこのWifiに接続出来るところはセントラル公園周辺の5つ星ホテル内ののエントランス付近のみ。
料金は1時間で5CUC前後、混み合っているときはホテルの宿泊客が優先されてチケットの購入を断わられることがありました。

ブラウザでのログイン/ログアウトを行うことで1時間きっかり使えるタイプです。
11時~14時くらいは暑くて外出する気もおきなかったのでネット用事は昼のうちに済ませましょう。

cuba6s

食べ物事情

ハバナに行く旅行者なら誰もが知ってるオビスポ通りを西側へ、セントラル公園を超えてさらに西へ進むと通りの名前がサンラファエル通りになります。
オビスポが観光客通りとするならばサンラファエルは現地人通りです。

一人旅で気取った観光客向けレストランに入りづらい時はここらのファーストフードがおススメ。
1CUC(25CUP)程度で分厚いポークステーキののったピラフやサンドイッチがあります。

cuba7s

現地編(夜)

さてさて夜の歩き方についても「凸凹冒険家」として、何も書かないではいけない雰囲気なので、それでは皆さんお待ちかねのお時間です。

まずネットで色々と書かれているように「そこらを歩いている女性に声をかけたら全員交渉出来る」的なことはないです。
一部もしくは大部分のキューバ女性が観光客の落とすCUCを手に入れたいと思っているのは事実でしょうが、それではあまりにもキューバに失礼です。
社会主義国である以上、性風俗の店舗はありません。

アジアのようにカラオケやマッサージからの便乗パターンもないです。
あるのは下記の3パターンになります。

①特定の場所での女衒のアニキの紹介
②バーの店員さんを口説く
③街中、ディスコ等でそれとなくナンパする~~(難易度高)

長期滞在者、もしくはスペインが堪能というのであればまだしもですが、ほとんどは①②のパターン、ディスコで声をかけられるのもほとんどがプロです。

ではまず①について、オビスポ通りの一本南側の通り、旧市街の公園、マレコンの海側ではない側の通りを一人で歩いていたらたいてい声をかけられます。
30CUCと部屋代とチップで別に20CUC程度と聞きました。
で、部屋なんですがホテルはありませんので、ここでも「CASA」になります。

ハバナ以外の都市

回の旅行ではハバナ以外にトリニダ、バラデロ、ピニャーレスに各1泊ずつで行きました。
ネットに繋がらず情報も無いので交通手段、宿泊先は全て現地調達でしたが何とかなりました。

「タクシーコレクティーボ」という乗合タクシーが近距離圏とハバナ行は頻繁に出ていますのでこれを利用すればバスよりも時間の短縮になるし予約もいりません。

cuna10strinidad

cuba12spinales

cuba11svaladero

総評

ここまで読んできて「いろいろとハードル高ぇな」と思っている方にさらに追い打ちをかけるようですが、やっぱりキューバ(中米)は旅情溢れるアジアの国々とは全く違うと思います。

「行ったことのない場所」に対する冒険心か、もしくは「葉巻」「酒」「音楽」「ダンス」「異性」「ビーチ」のキーワードから、4つ、少なくとも3つは該当しないと、アジア諸国よりもお金と時間をかけて、その上、不便な環境を楽しむのは厳しいのでは?

というのが率直な感想です。本ブログが投稿された時点では「カリブに浮かぶ赤い島」と呼ばれるキューバもアメリカとの国交が回復し、今後は一気に赤色から「金色」になっていくように思います。
しんどい旅行をするほど若返ったと錯覚するのは確かで、キューバで「楽じゃない旅」が経験出来るのもあと僅かの間です。

cuba14s

cuba13s

Sponsored Link
この記事を気に入っていただけたら各種SNSでシェアをお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

-更新情報はこちらに登録していただけると受け取れます-



follow us in feedly



Sponsored Link

年会費無料、海外旅行用にもおすすめ

コメントを残す

*