2015年訪問・Ashの失敗しないキューバ旅行『準備編』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Sponsored Link


cuba7s

こんにちはアッシュです。
今回ふとした思いつきからキューバに行って参りました。
思い付きといってもキューバは社会主義国、難しい歴史については割愛しますが、いつものアジア諸国のように何の準備もなく、思い立ったらで行けるような感じがしません。

そんなことから今回はわたしが事前にネットで調べた「準備編」と、現地での「実践編」との2回にわけて「失敗しないキューバ旅行」を書いてみようと思います。
※時間はアメリカとキューバの国交が回復する2015年7月より前です。

現地への行き方

まずアメリカと国交がありませんので、直行便が無いどころかアメリカ南部の空港から乗り入れる便もありません。
日本発で一般的なのはトロント経由か、メキシコのカンクン経由の2択になります。
価格、乗り換え待ち時間の長さを考慮するとエアカナダの一択です。
ツアーでないならエアカナダ本家サイトからの購入でいいのではないでしょうか。

air france

エアカナダ該当サイトはこちら
その他、下記に事前に調べものをして実際に必要だったものを列挙します。

宿(CASA)の予約

観光が主な収益源のキューバでは、ホテルは高めの設定です(100ドル~)。
それ以外の選択肢はCASA(民泊)になります。

民泊に抵抗がある人はファシリティ一覧に「very private」「perfect private」等の言葉がある部屋を探しましょう。
入口やリビング等、家主とは独立した部屋が探せます。

cuba hotel

参考にしたサイトはこちら

ツーリストカード(日本発行のもの)

ビザ相当のものです、必ず取得して下さい。
エアカナダの機内でも取得出来るようですが日本人は使えないとの情報も、念の為国内で取得して下さい。

キューバ大使館サイトの該当ページはこちら

海外旅行保険証明書(英文)

ネットでは要否についての賛否両論ありますが、わたしの時は入国審査時に提示を求められました。
クレジットカードの付帯で充分ですが、英文で書面を取り寄せる必要がありますのでお忘れなく。
カード会社に連絡して5日程度で届きます。

現金(日本円でOK)

ハバナ市内で確認出来たATMは本当に数件程度です(オビスポ通りとパルケセントラルの2か所のみ)。
日本円で十分でネットに書かれているようにユーロである必要はないと思います。

cuba exchange

※地図上の赤○がATMが確認出来た場所です。

アプリ「Maps.me」(オフラインマップ)

持っていくスマホがAndroidの場合、GoogleMapが使えませんので日本で予めダウンロードして行きましょう。

cuba4s

GPSと連携して使えますので通信カードがローミングしていなくても大丈夫です。
該当アプリはこちらからどうぞ

カサ(Casa)に宿泊予定の方はサニタリー用品一式

キューバは本当に物がなく、種類もありません。
買うところも良くわからないくらいです。
そこそこのモノを現地で買うと余計に高くなるので全部持って行ったほうが無難です。

本、ネットブック、ポッドキャストのダウンロード

何時間もネットに接続出来ない、という環境は近年はアジア諸国でも体験出来ません。
この際なので、この環境を楽しむ為にも積読の2,3冊ぐらいは持っていきましょう。

サルサのレッスン

これは必要かどうか賛否が分かれるかも知れませんが、バーとかで現地の異性とコミュニケーションをとっていたら、結構な確率でお誘いがあります。

スペイン語の勉強

これは結局のところ実践編でわかったことなのですが、皆様へは準備としてこちらに書いておきます。
街中の英語の通じなさは中国の田舎町と同じくらいと思ってください。
YESとNO、数字も1~10まで言えないくらいと思って良いでしょう。
  
ポルトガル語のブラジルを除くメキシコ以南の国は全てスペイン語の国で、まだ経済的に豊かでない国ばかりの為、近隣諸国に行く程度が最大の移動であれば、そもそも英語の出番などなく、そういった理由からなのかな、と思っています。
当初ここまでとは思わなかったのですが行きの機内でスペイン語の勉強をしていたので本当に助かりました。

お勧めのスペイン語学習のサイトはこちら(YouTube)

※フリーで見れる講座が豊富で本当に助かりました。 

まとめ

振り返ってみると、このほかにも観光名所や歴史、交通手段等、けっこう神経質に調べものしていたな、と思います。
今回はラジオでカルロスさんが持ち上げてくれているほど出たとこ勝負でもなかったです。
それは始めての中米地域ということもあり、ビビりが成せる努力だったように思います。

実践編では1日の過ごし方みたいなものを書いてみようと思います。

-準備編終了

Sponsored Link
この記事を気に入っていただけたら各種SNSでシェアをお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

-更新情報はこちらに登録していただけると受け取れます-



follow us in feedly



Sponsored Link

年会費無料、海外旅行用にもおすすめ

コメントを残す

*