ニコラス・ケイイチの「A〇Aホテル歌舞伎町タワー潜入レポート」

–  reported by ニコラス・ケイイチhttps://twitter.com/nicolas_k1

2020年7月3日。SMOCHO#25営業終了後の深夜1時半、よーきんに付き添ってもらいA〇Aホテル歌舞伎町タワーのレセプションへ。深夜に現れた男性カップル客にホテルスタッフの視線が刺さる。構うものか。こちらはカルロスキャプテンの「指令」を遂行しなければならないのだ。怯まずチェックインを済ませ部屋へ。

噂の最上階、大浴場に潜入捜査!

早速風呂を調査しようと思ったが、本来、屋上露天風呂は24時間開放されているが、現在は深夜時間帯は閉鎖されていた。深夜の「大欲情」は禁止と言う事か。

翌朝、大浴場にいったが、客は男2人連れが多く、否が応でも、もしや??と想像してしまう。

宿泊していた6階からエレベーターへ。興奮を抑えつつ、「28階大浴殿・露天風呂 玄要の湯」のボタンを押す。

エレベーター内にはコロナのため深夜は大浴殿を閉めている案内が。本当にコロナが原因か?

男祭り??

恐る恐る暖簾を捲くると、おーーーー!

歩みを進めると左に女湯、正面に男湯が見えてきた。このドアは自動ドアになっていて、ルームキー(カード)をかざさないと開かない様になっている。そうじゃないと一般の〇△が入って来るからか…

いよいよ脱衣所へ入る暖簾。「男湯」と書いてあるのだろうが、先入観から「男祭」にしか見えない…

大浴場に入ってくる客の殆どが、前を隠さず入って来る。もっと言うと、そもそもタオルをもたず入場してくる奴も多く、どうやって身体を洗う気なのか、洗う気など持ち合わせていないのか、謎だ。

ネコ?タチ??

暫く息を潜め観察を続けた。すると、僕が身体を洗っている時、浴槽の方から大声で「俺、ネコがほしいんだよなー」と叫ぶ奴がいた。ペットの話なのか、タチ・ネコの話なのか分からないが、怖かった… 完。

投稿者: スタジオスモーキー カルロス

2013年12月から開始したポッドキャスト番組「スタジオスモーキー」のブログです。 音声では伝えきれないコンテンツを公開して行きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です